コントレイルいなければサリオス2冠だった

ダービーのコントレイルは強かったです。

本当に強い馬なのかどうか、半信半疑なところはありましたが、

このレースを見たら名馬の仲間入りをしたと思いました。

包まれて出られないことを心配していましたが、

好スタートで、先行できたのはかなり有利でした。

この実力で、あの2列め3列目のポジションを取れたことは、道中で勝利確定と思いました。

直線、持ったままで抜け出すあたり、別格でしたね。

2着サリオス

サリオスも強かったです。

勝ちパターンでしょう。

外から伸びてくるあたり、もしかしたら勝つのかもと一瞬思いましたが、

勝ち馬の力が上でした。

3着と3馬身差は、この馬の強さでしょう。

もし、コントレイルがイなければ。

新聞の見出しは

「サリオス圧勝で2冠」

「皐月、ダービーと別次元の強さ」

「サリオス、デアリングタクト、牝馬牡馬ともに2冠」

みたいなことになっていたでしょう。

コントレイルを外してみたら、サリオスは怪物と言われて良い勝ちっぷりになっていたでしょうね。

馬券の方は?

直前のパドックを見ていたらサリオスの気配が抜群に良かったので、

配当は低くなるけれどコントレイルとサリオスの2頭軸の3連単にしました。

1着2着と1着3着の組み合わせを40点買いました。

40点も購入すると儲からないのですが、ダービーはお祭りなので儲けは意識せず、

自分が見たい展開の馬券を買いました。

レース最後、

2頭が抜け出して、当たったと思いましたが、

ヴェルトライゼンテは購入してなかったです。(3着の相手10頭選んでいてその中に入れていないのが悲しい。)

推していたサトノインプレッションを応援していたのですが、頭届かずでした。

坂井くん、もうひと伸びほしかった。

コントレイルとサリオスの馬連にしても良かったと思ったのですが、1番人気2番人気の組み合わせの馬連は買わない主義なので今回は仕方なしです。

コントレイルの複勝に大金賭けるのもありといえばありでしたね。

余韻の残るダービー

強い馬の強いレースを見るのはいいですね。

競馬ファンとして感動しています。

コントレイルは今後はどうするのでしょうかね。

菊花賞で3冠を目指すのか、天皇賞にいくのか、それとも海外に。

秋にはアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの対決も見てみたいですね。

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする