固い決着? 優駿牝馬オークス

G1オークスです。

やはり気になるのはデアリングタクト。

2冠達成なるでしょうか。

各馬の見解を書いていきます。

デアリングタクト

桜花賞は圧倒的な強さでした。

前残りの馬場であの差し脚は別格でした。

怪物のように強い可能性すらあります。

桜花賞は重馬場でしたが、軽い馬場でも向くと思います。

血統的にもこの距離は合うと思います。

軸にしても良いでしょう。

不安材料を言うと、輸送、左回り、上がりでしょうか。

今回は33秒台前半の上がりになる可能性もあります。

早い上がりの勝負になったときに、対応できるかが鍵になってきます。

デゼル

差し脚の切れ味は抜群です。高速の上がり勝負になったときに勝機が出てくるかもしれません。

騎手がレーンというだけで、1着もあるかと思っていまいます。

サンクチュテール

ルメール、藤沢のコンビです。

前走桜花賞は馬場が合わなかったので、仕方ない負けでした。

藤沢和騎手はオークスの実績があります。

桜花賞よりも、ここに照準を当ててきているかもしれません。

押さえておきたい1頭です。

クラヴァシュドール

阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着は、実力の証明です。

サウジアラビアRCではサリオスの2着ですし、安定した走りをします。

ハーツクライ産駒なので距離延長も良いでしょう。

マルターズディオサ

穴でおすすめがこの馬です。

桜花賞は馬場が合わなくて大敗しましたが、

それ以外はすべて連に絡んでいます。

今回は人気を落としています。

実績と配当を合わせると、かなり期待値は高いと思います。

スマイルカナ

桜花賞3着馬。

実力が読みきれない馬ではあります。

馬場やコースは合わないと思うのですが、前残りが多い現在の東京競馬場なので、

もしかしたら、逃げて残ることもあるかもしれません。

ウインマリリン

あがり勝負のような展開は向かないと思います。

ただ、スタミナ勝負のようなタフな展開になれば馬券に絡むこともあるでしょう。

展開を読むのがうまい横山典騎手です。

リリーピュアハート

牝馬のうまい福永騎手です。

展開次第では先行抜け出しで連に絡むことも考えられます。

この東京2400mのこのコースを経験していることが大きいですね。

結論

デアリングタクトがやはり強いと思います。

ただ、展開によっては足元を救われることは十分にあります。

多くの馬が初めての距離です。

展開次第では最後の直線が伸びないこともあります。

固い決着になるのではないかと予想しています。

あとは、紐荒れになる可能性もあるので、人気薄も少し絡めて起きましょう。

馬の評価の印を見たい方は以下をクリックしてください。

競馬・オッズ理論ランキング

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする