マーチS、結果トリガミ

土日の負けを取り返すべくマーチSに望んだのですが。

トリガミに終わりました。

軸のクリンチャーは来たのだけど、安めが来てしまいました。

いきなり万馬券

初っ端の3Rでいきなり万馬券が当たる。

軸の本線は5番サンビュート。

気になっていた穴馬2番フォーチュネイト武士沢騎手。

まさかの単勝39倍のこの馬が差してきて1着になってしまう。

穴馬なので人気どころ5頭に流して万馬券でした。

本命5番との組み合わせだったので、もっと厚く勝っておけばよかったです。

さて、このレース、マーチSと同じダート1800m。

マーチSを占うレースだったのではとその時感じる。

勝ったフォーチュネイトは芝を走っていた馬。

今回、初ダートでした。

さて、マーチSで気に入っていた馬で、

芝を使っている馬、

それはクリンチャーとタイムフライヤー。

より差し味があるのはクリンチャー。

ダート未知数なのもクリンチャー。

ということでクリンチャーを軸にすることに心がきまる。

マーチSは?

最後の直線、クリンチャーとスワーヴアラミスのたたきあい。

クリンチャーは二着でした。

スワーヴアラミスは1番人気で旨味が少ないかと、薄めに購入していました。

実際はとりがみ。

タラレバですが、クリンチャーの複勝を強気に買うのが正解だったかもしれません。

ただ、3Rの結果から推測してのクリンチャーはいい予想だったと思います。

厚く勝っていたアシャカトブとメイショウワザシが4着、5着というのも読みは良かったです。

今日の格言

「直前のレースで、同じコースのレースがあったら、そのレース内容はしっかり見ておくこと」

ブラッドバイアスがあったり、展開が同じになったりすることがあります。

思わぬヒントが隠されていることがありますね。


記事が気に入ったらクリックをお願いします↓

全般ランキング

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする