ダートG1前哨戦、みやこステークス

一ヶ月後にダートのG1チャンピオンズカップがあります。

そこに向けてのステップレース的な位置づけが強いです。

また、明後日に月曜に浦和でJBCがあります。

そちらに向かわなかったJRA有力馬が集まります。

インティ

実力一番手はこの馬でしょう。

武豊から川田騎手への乗り替わり。

川田騎手もうまいので、屋根は信頼できます。

ただ、負担重量が59kg。

前年この時期に東海Sを余裕の価値っぷりでしたが、

この負担重量ではどうでしょうか?

東海Sのときは56kgでしたので、

単勝や、連単の頭にはしにくいです。

スマハマ

4歳実力馬といえばこの馬。

安定した成績をずっと残しています。

東海Sではインティに及びませんでしたが、

まだ若いので上積みはある可能性があります。

おすすめの1頭。

ワイドファラオ

3歳馬、出世レースのユニコーンSを勝っています。

実力は十分あると思います。

鞍上が、ダート得意なデムーロ騎手に乗り替わりです。

ウェスタールンド

せん馬の7サイト高齢です。

G1チャンピオンズカップで2着に食い込む善戦をしています。

実力は秘めています。

スミヨン騎手に乗り代わって、更にプラスか。

追い切りタイムは全体に比べておそめ。

ヴェンジェンス

大きいレースは勝っていませんが、ずっと馬券圏内に入っています。

こういうダート重賞レースがうまい幸騎手です。

1枠1番が心配ではありますが、可能性ありです。

追切もタイムはいいです。

アナザートゥルース

追いきりのタイムが良いのがこの馬。

ダート成績も安定しています。

来る可能性は十分あります。

今回仕上げてきている可能性はありますね。

過去のレース傾向は?

ここ最近は人気の実績馬がころっと負けたりするレースです。

1番人気から9番人気までをチェックしましょう。

上位人気の組み合わせになることもありそうですが、

組み合わせによってはそこそこの配当が狙えます。

人気馬の出来を、パドックと返し馬でチェックしておくのが良いでしょう。

賞金の少ない馬が、今後の冬のG1に出走するために、激走するような仕上げをしてきている可能性はありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする