スタミナ血統が走る? アルゼンチン共和国杯

東京2500m、アルゼンチン共和国杯

血統ファンからしたらなんとも言えない、いぶし銀な楽しみのあるレースです。

サンデーサイレンス系が栄華を極める現在の日本競馬。
かつてサンデーサイレンスに劣らずに活躍していた中長距離の種牡馬の血がここで活躍します。

サンデーサイレンス系有力馬がジャパンカップや天皇賞に向かう分、
スタミナのあるG2、G3クラスの馬が主役となります。

グレイソヴリン系

東京の中長距離コースといえばトニービンの血。
東京を得意としたトニービン産駒の血がここで発揮されます。
トニービン系は瞬発力の器用さでサンデー系におとりますが、
スタミナではサンデー系を上回ります。

今回出走の父トニービン系
ノーブルマーズ(父ジャングルポケット)同じコースの目黒記念2着
ウインテンダネス(父カンパニー)目黒記念1着

父母父トニービンのハーツクライやルーラーシップ産駒も活躍しています。

今回出走予定のハーツクライ、ルーラーシップ産駒
タイセイトレイル(父ハーツクライ)
トラストケンシン(父ハーツクライ)
ムイトオブリガード(父ルーラーシップ)

ロベルト系

スタミナとタフさを持つロベルト系もここで好成績を残しています。
種牡馬としてはブライアンズタイム、スクリーンヒーロー、シンボリクリスエスです。
父としても来ていますし、母父でも良い結果を出しています。

今回出走予定の母父ロベルト系
オジュウチョウサン(母父シンボリクリスエス)
タイセイトレイル(母父シンボリクリスエス)
ノーブルマーズ(母父Silver Ha)目黒記念2着
マコトガラハッド(母父ブライアンズタイム)アルゼンチン共和国杯3着

サンデーサイレンス系

サンデー系でおすすめは、スタミナのハーツクライと、タフさのステイゴールドでしょうか。

ディープインパクト産駒が来ないわけではないですが、ハーツクライやステイゴールドの方が妙味はあります。

出走予定のハーツクライ産駒
タイセイトレイル
トラストケンシン

出走予定のステイゴールド産駒
オジュウチョウサン
アフリカンゴールド
ルックトゥワイス

父、母父ともに向いているのは?

筆者が考える、父と母父ともにスタミナがあって向いている馬は
アフリカンゴールド
オジュウチョウサン
トラストケンシン
ノーブルマーズ

でしょうか。

なかでもアフリカンゴールドとトラストケンシンがおすすめ。

各出走馬

アフリカンゴールドはルメール騎手を予定しているようですね。
勝ちに来ていると思われます。前走の勝ち方も良かったです。

ハンディ55キロはおいしいでしょう。

ルックトゥワイスは福永騎手が予定しています。
実力やコース適性はありそうですが、前走の勝ち方がきつそうでした。
レーン騎手の力で勝てたようにも見えます。トップハンディ57キロはきついかもしれません。

サンシロウ
4連続2着という面白い実績。もしかしたら実力馬かも。
51キロの負担重量も魅力的。

タイセイトレイル
血統的にはいいです。多くずれしないのでおすすめ。

トラストケンシン
スタミナはありそう。軽いハンディ53キロを活かしてくるかもしれません。

オジュウチョウサン
前走の石神騎手の騎乗は、息が入ってなかったかなあと思います。
松岡騎手に変わってややプラスかと思います。
たた、平地では少しきびしいのではと思います。

ノーブルマーズ
血統とコースはあいますね。大崩しないので、馬券圏内に入るかも。

マコトガラハッド
全然に大穴で3着に来ています。51キロは魅力ですが、一年ぶりはどうでしょうかね。

アイスバブル
きても2着までと思っています。

ここで勝って、ジャパンカップや有馬記念につなげてくるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする