秋のG1、スプリンターズSはダノンスマッシュか?

秋のG1の開幕戦、スプリンターズSが今週末です。

ワクワクしますね。

個人的にはダノンスマッシュとタワーオブロンドンの2強なのでは、と思いますが。

さてどうでしょうか。

考察していきたいと思います

血統はミスプロ系?

2014以前と改修工事のため馬場が違うようで、その前のデータはあてにならないようです。

2015年以降で考察してみましょう。

2015年と2016年はサンデー系が来ていますが、

2017年、2018年とミスプロ系が来ています。

今回は有力馬は父ミスプロ系が多いですね。

タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、ファンタジスト

ミスターメロディ、レッツゴードンキ、ディアンドル、セイウンコウセイなど。

大荒れを狙うなら、裏をかいて思い切ってサンデー系を狙うのも面白いかもしれません。

サンデー系だと、アレスバローズ、キングハート、ノーワン、リナーテなど

ノーザンダンサーの血にも注意

父の母父、母の母父にノーザンダンサーの血が入っている馬を狙え。
父方と母方のおじいさんをチェックすればよいです。

父サンデー系なら母父ノーザンダンサー系もありです。

つまり、
おじいさんに、ノーザンダンサーがいれば○
サンデー産駒なら、母父はノーザンダンサー系なら○。

母父ノーザン系もおさえてチェックしましょう。

後はミスプロ系に母父ナスルーラ系の血が入っている馬がいたらチェックをしておきましょう。昨年、来ています。

タワーオブロンドンと、ダノンスマッシュがもろにこれに当たります。

個人的には、ミスプロ系で決まりそう。

もしかしたら、馬場がサンデー系に有利になるかもと予測して、サンデー系のワンツーで大穴狙いもかんがえられるかもです。

人気は固い?

2013年と2012年は1人気と2人気の決着で硬かったですが、

最近の固い決着は2016年の3番人気と2番人気の決着。

目を引くのが紐あれ、1番人気に人気薄が絡むことが多いです。

ダノンスマッシュかタワーオブロンドンのどちらかを軸にして、

紐に人気薄を絡めると配当がいいかもしれません。

ただ、1人気と2人気のワンツーもあるのでは、と思っています。

2頭の実力が抜けている気がするので。

ローテは心配、タワーオブロンドン

タワーオブロンドンは夏を3レースも使っています。

サマースプリントを狙ってのことでしょうが。

前走のセントウルSのレコードは疲れが残っていそうです。

そこが心配。

藤沢厩舎は、使い詰めローテはあまりしないイメージがあります。

裏読みをすると、引き続き好調なのかもしれません。

同じ藤沢厩舎のグランアレグリアの回避も気になりますね。

騎手は信頼できる?

ダノンスマッシュ、川田騎手になって信頼度UPです。

堅実な騎乗が目を見張ります。馬券から外しにくいです。

タワーオブロンドンのルメール。芝ならこの人でしょう。

芝のレースで外しにくい。

ミスターメロディの福永騎手は、中穴でおすすめ。

人気になると、期待値は低いです。今回ノーマークになりそうなら、ねらうのも。

モズスーパーフレア、松若騎手。武騎手から変わったのもプラスだと思います。

自分の厩舎の馬ので、可能性は更に高いです。

差し有利の展開になりそうですが、目が離せない。

個人的見解

ダノンスマッシュとタワーオブロンドンの2強対決の構図。

この2頭の叩き合いがみたいですね。

ただ、馬券的にそれだと面白くない。

自厩舎の馬で狙う松若騎手モズスーパフレアも勝ってほしい。

人気の馬を購入しそうなスプリンターズSです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする