オールカマーは固い決着?

古馬の中長距離戦、G1を狙う馬には前哨戦。G3以下の馬にとってはG2の箔をつけるレースです。

さて、今年はどうなるでしょうか。

考察していきましょう。

コース実績

一番手はレイデオロでしょうか。前年のこのレースの勝ち馬。

コース適性も問題なしです。堅実な走りで大崩れしないので、

このメンバーだと馬券圏内は固そうです。マイナス面はルメール騎手から福永騎手への乗り替わりでしょうか。それはあっても2着には来そうですね。

2番てはウィンブライト。中山の非根幹距離1800mの実績があります。

今回の2200mも非根幹距離なので合いそうです。

連勝中でそこが見えません。めちゃめちゃ強いのかも。

3番手はミッキースワローでしょう。

セントライト記念1着、AJCC2着とこのコースで高い実績があります。

ハマればくるかも。

1~3番人気になりそうな馬たちが、高いコース実績があります。

人気通りでおさまりそうです。

血統

サンデー系がもちろんのように強いです。

ディープインパクト産駒はもちろんですが、ステイゴールド産駒も来ています。

あとは、キングマンボ系と、ロベルト系が来ています。

このことから、ややタフさが要求されるように思います。

ステイゴールドはサンデー系でもタフ気味だし。ターントゥー系でタフさがあるロベルト系。

キングマンボはタフでもOK。

レイデオロ、ウインブライト、クレッシュンドラヴ、スティッフェリオがいいでしょうか。

中でも母父がロベルト系のレイデオロでしょうかね。

人気

ここ4年は1番人気が連に絡んでいます。

相手も5番人気以内と荒れていません。

レイデオロ、ウィンブライト、ミッキースワローが抜けている気がするので、

この三頭で決まりそうです。3連単の3着を工夫するといいかもしれませんが。

この3頭で1~3着が決まることもありそうです。

まとめ

レイデオロ、ウィンブライト、ミッキースワローのコース実績が光ります。

固い決着しか想像できないですね。

以下に堅実に取りこぼしなく利益を最大にする馬券種を選ぶか、でしょうか。

配当にもよりますが、3連単も狙いやすいのでは、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする