毎日王冠、軸にするのはこの馬!

天皇賞秋とマイルCSの前哨戦になる毎日王冠です。

東京の1800mということもあり、マイラーと芝中長距離の馬が集います。

最近は超有力馬が出走することが少なくなりましたが、昔はG1波に豪華なメンバーがそろったレースでした。

人気、血統、追い切りと分析していきます。

人気の傾向は?

一番人気の連対率は良い。

馬券圏外になった一番人気は、信頼度が低い馬で、その後成績は落ち目になっています。

今回はダノンキングリーが1番人気。

信頼度は高いのではないでしょうか。

次は3番人気に着目です。ここ3年、3番人気が連に絡んでいます。

また、その前は4番人気が絡んでいますね。

2番人気の成績が良くないので、そこは飛ばして1番人気と3,4番人気の組み合わせにするのがおすすめです。

出走頭数が多いときは荒れる傾向がありますが、頭数が少ないときは割と固い決着になります。

今回は10頭の出走。固くおさまりそうです。

血統は?

とにかくディープインパクト産駒の成績がいいです。

1着から3着までディープ産駒ということもあります。

昨年はキングマンボ系とクロフネでしたが。

どうみても、軽めのサンデー系が有力です。

今回出走のディープ産駒は、ダノンキングリーを筆頭に

ケイアイノーティック、ギベオンがいます。

ランフォザローゼスは父キングカメハメハですが、母父がディープです。伸びしろのある3歳なのでチェックですね。

昨年、優勝馬のアエロリットは母父ネオユニヴァースのサンデー系です。おすすめの3番人気です。

追い切り

追いきりの評価を簡単にすると、

ダノンキングリー   文句なしの調教です。芝の中距離としては抜群の調教です。

インディーチャンプ  ちょっとキツめの調教です。じゃっかん太めなようで、気がかりではあります。前回勝利した安田記念の前哨戦マイラーズカップで負けています。今回も、仕上がって来てない可能性はありますね。

アエロリット  先週に速いタイムをだして、今週はゆったり下感じの調教です。完璧なのではないでしょうか。

ギベオン  速いタイムを出してきています。

ランフォザローゼス  ゆったりとした追いきり。好調な可能性もあります。

結論

ダノンキングリーが評価としては抜群にいいですね。

軸にするならこの馬でしょう。

当日どれだけのオッズになるかわかりませんが、オッズが高ければおすすめです。

固い決着になりそうな雰囲気はあります。

特にダノンキングリーとアエロリットの組み合わせは外せませんね。

紐荒れを狙うなら、ケイアイノーテック、ギベオン、ランフォザローゼスがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする