神戸新聞杯、サートゥルナーリアは買えるか

セントライト記念は、ニシノデイジーから予想してはずしてしまいました。
1着リオンリオン(キングカメハメハ)、2着サトノルークス(ディープインパクト)と王道の血統でしたね。
ちょっと裏読みをしすぎてしまいました。

神戸新聞杯の人気は?

上位三頭の予想オッズは

1 サートゥルナーリア 1.7
2 ヴェロックス 2.2
3 ワールドプレミア 6.9

サートゥルナーリアとヴェロックスの2強対決となりそうです。

個人的には二強対決は、片方を外した馬連にするのが期待値が高いと思ています。

ここでどちらを外すのが得か?

オッズからの期待値からいうと、サートゥルナーリアを外すほうが期待値高いです。

単勝で購入するなら、サートゥルナーリアがお勧めです。ヴェロックスが人気を集めてくれるので、期待値が上がると思います。

サートゥルナーリアの秋のローテーションは?

考えられるローテーションは以下でしょうか。

菊花賞→ジャパンカップ

菊花賞→有馬記念

天皇賞→ジャパンカップ

天皇賞→有馬記念

天皇賞→香港ヴァーズor香港カップ

菊花賞→ジャパンカップ

ジャパンカップのみ

ルメール騎手はニシノデイジーとコンビなので菊花賞には行かないようです。

アーモンドアイとかぶらないローテーションにするのではという、うわさもありますが、

以下の二つのローテーションが有力なのではないでしょうか。

天皇賞→ジャパンカップ

天皇賞→有馬記念

菊花賞は、展開やペースによっては馬に大きな負担がかかります。

スローペースの上り勝負なら問題ないでしょうが、ハイペースのスタミナ勝負になった場合に馬に蓄積する疲労は大きいものとなります。適性も微妙なので回避は当然でしょう。

気になるところは、G1を2レース使うために、ここを余裕残しで調整してくる可能性です。

そうなったときに、気楽に乗ってきて、3着以下になることはあります。

ただ、実力も抜けているので、余裕残しでもすんなり1着になりそうですけどね。

サートゥルナーリアは神戸新聞杯にむいているか?

もともとダービーを目指して調整されていた馬です。

阪神の2400mは抜群に会うと思います。

コースもまぎれの少ないコースです。

すんなり差し切るでしょう。鞍上も芝中距離が一番うまいルメールです。

現段階でのまとめ

少額で穴をねらうなら、ヴェロックスからサートゥル外しの馬連。

大勝負するならサートゥルナーリアの単勝というところでしょうか。

ただし単勝1.4倍を下回るようなら、ケンにすることをお勧めします。

または、3連単を少額かけて楽しむというのもいいかもしれません。

※:まだ枠順も追い切りも出ていない段階での考察です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする