直前考察、桜花賞1押しはこの馬!

桜花賞の発送が近づいてきました。

クラシック最初の一戦はどんな結果になるのでしょうか。

個人的には、微荒れだとおもっています。

1押しはディアリングタクト

桜花賞、今回の1押しはディアリングタクト。

やはり、前走の差し脚は別格でした。

新馬戦も、まえが詰まって進路がなくなっても、慌てず待って、外に出してからきっちりと差し切り。

この差し脚は素晴らしいものがあります。

先週速い時計を出しています。

リアアメリア

個人的にはそれほど強い馬だとは思っていません。

鞍上の川田騎手はうまいですし、実績はあります。

血統的に展開も合いそうです。

過去のレースは、気性に難があり、道中かかり気味な様子がみられます。

今回性格的に成長していれば、好成績が望めると思います。

単穴評価でしょうか。

クラヴァシュドール

リアアメリアと同じ中内田厩舎です。

リアアメリアより人気がないので、期待値的にこちらがおすすめ。

中内田厩舎のどちらか1頭は馬券にくるのではと思っています。

安定感ありの実績で、おさえは必要です。

サンクチュエール

シンザン記念を勝利しています。このレースの勝ち馬は出世してますね。

騎手ルメールが大きいです。

勝つまでは行かないまでも、馬券圏内に入りそうです。

血統も向きそう。

藤沢厩舎はマイル戦とくいですしね。

ミヤマザクラ

ディープ産駒。牝馬のうまい福永騎手です。

福永騎手は、中穴人気でおすすめです。

ひもでおさえるべきと思います。

マルターズディオサ

実績の安定感は大きいです。

コース実績もありますので、堅実に走りそうです。

ヤマカツマーメード

穴でおすすめ。

阪神JF5着ですし、一発ありの池添騎手です。

レシステンシア

不安材料がおおいですね。

やはり、武騎手への乗り替わりはマイナスですね。

思い切って馬券からはずすのも良いかもです。

さて、レースはどんな結果になるでしょうか。

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする