直前、大阪杯

大阪杯当日の朝に、大阪杯の予想をしています。

ダノンキングリーが2.4倍くらいの単勝になることを予想していたのですが、

実際は3.8倍。

複勝1.2倍になるかと思っていたら、今の所1.6倍。

皆さん思ったより、ダノンキングリーを危険視しているようですね。

オッズ的にはおいしいですが。。

ダノンの馬はG1に人気で負けるってことが多いんですよね。

そういう意味では、今回も4、5着で馬券圏内から外れる怖さはありますね。

ラッキーライラックが2番人気。切れる脚を持っていることが魅力です。

すんなり差してきそうな気はしてなりません。

ワグネリアン。昨年勝ったアルアインとかぶりますね。

ディープ産駒の牡馬5歳。

前年3着、今年1着という同じパターンになることも考えられます。

前哨戦を使ってないところは異なりますがね。

ブラストワンピース

騎手川田はプラスだけど、コース的には合わなさそうです。

距離短縮はいいですけどね。馬場がしぶりそうでもないので、難しいか。

昨年は騎乗がわるかっての5着、馬券圏内に来る実力はあるとも言えます。

AJCCはそれほど余裕の勝ち方でもなかったですし、馬場もあれてましたからね。

クロノジェネシス。個人的には外したいが、周りの評価は高いです。

で面白いのがジナンボーカデナ。ディープ産駒。展開向けばあるかもです。

サトノソルタスは、唯一の金鯱賞経由。金鯱組は結果が良いので。

いろいろ悩んでいるとマカヒキなんかも面白かも、とか思ってしまいます。

ロードマイウェイは、このコース実績あり。でも武豊なので購入しません。

内々で脚をためて、2,3着に滑り込むってことはあるかもですね。

ここ最近、本命馬は馬券圏内に来ているいるのだけど、相手ではずすことが多いです。

おもいきって、本命のダノンキングリーの複勝で勝負するかもしれません。

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする