タワーオブロンドン、文句なしの差し切り勝ち!

固い決着でおさまりそうな気がしていましたが、固く収まりましたね。

3連単6080円。2番人気、3番人気、1番人気の決着。

1着タワーオブロンドン

外目の絶好の位置から抜け出し。

モズスーパーフレアを射程圏に捉えて持ち味の差し脚できっちり差し切り。

ルメールの騎乗も文句なしでした。

藤沢厩舎が、この厳しいローテーションで使うってことは、

状態がよかったと言うことでしょう。

前回のレコードの負担が現れるのではないかとの考えは裏目でした。

2着モズスーパーフレア

松若騎手が、スタートから飛び出して、得意の逃げパターンに持ち込む。

このまま逃げ切るのではとも、思える好騎乗でした。

この馬の持ち味を十分に発揮したのではないでしょうか。

中山1200mの実績がありましたので、そこを評価して軸にしても良かったかもです。

松若騎手、自分の所属厩舎の馬で、G1勝ちたかったでしょうね。

3着ダノンスマッシュ

1枠2番が裏目に出ましたね。囲まれて出られないことを心配していましたが。

囲まれるほどでもなかったですが、勝負どころですぐに出られなかったところが、

敗因でしょう。

実力的にはタワーオブロンドンと勝ち負けはありましたね。

こればっかりはどうしようもないです。

その他の馬

ミスターメロディ

勝ちに行く競馬をしにきましたね。早め抜け出しでモズスーパーフレアを捉えにかかりました。

コースが向いてないのかもしれませんね。それでも、この走りは強さの証明だと思います。

ディアンドル

軽重量の3歳牝馬が要注意と思っておしていましたが、いまいちでした。

古馬の牝馬のレッツゴードンキとダイメイプリンセスががんばりましたね。

次回に向けて

今回は本命党の人には当てやすかったレースなのではないでしょうか。

終わってみれば、馬連5点、3連複4点で当てられたかもと思いました。

今回のレースで学んだことは以下ですね。

  • 藤沢厩舎が厳しいローテーションで使うときは、好調を維持している可能性が高い。
  • 中山1200mはコース実績を評価してよい。
  • 内枠の差し馬は、囲まれる可能性があるので、その馬が出られないことも想定すること。

来週は京都大賞典、毎日王冠です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする