秋華賞トライアルローズSの傾向

秋の3歳G1戦、トライアルレースが始まっていますね。

秋華賞のトライアルレースといえば、一番はローズSです。

近年、秋華賞に直行するローテーションが開発されて、

昔ほど重要度の高いレースではなくなりました。

いくつかの視点から、傾向を探っていこうと思います。

血統

このレース、サンデー産駒が上位になっていますね。
得には父ディープインパクト。
他にはハーツクライやステイゴールドの名前もあります。

キングカメハメハも過去に上位に食い込んでいます。

母父はノーザンダンサー系が多いですね。
父ディープ、母父ノーザンダンサー系なんて組み合わせが多く見られます。
父キンカメだと母父はサンデーサイレンスですね。

ディープ産駒はダノンファンタジーとピックピクチャーが登録しています

他サンデー系では

シゲルピンクダイヤ

ウィクトーリア

メイショウショウウブ

スイーブセレリタス

シャドウディーヴァ

一番手に上がるのはディープ系のダノンファンタジーでしょうか。

シゲルピンクダイヤは父ダイワメジャーのサンデー系、母父がノーザンダンサー系で、こちらも捨てがたいです。

人気

近年、人気薄がよく絡んでいます。

人気馬では、オークス1着馬はやはり実力があるのか好成績をおさめますね。

人気馬では、実力の保証された実績馬ですね。

人気薄をどう拾うかが、課題です。

脚質

これが難しい。

多くが逃げ差しの組み合わせのワンツー。

もしくは先行差しの組み合わせ。

なのですが、

前が総崩れで、追い込み2頭の決着になることもしばしばあります。

外回りですので、安定した差し脚があれば、軸にして良いと思います。

逃げ馬は押さえた方が良いと思います。

これと行った逃げ馬がいないので、スローの上がり勝負になるかもしれません

予想配信しています


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする