難解なハンディ戦「ダービー卿CT」

さてさて、大阪杯の前日に行われるG3ダービー卿チャレンジトロフィーです。

このレースハンディ戦ということと、中山芝1600mというトリッキーなコースといこともあり、予想は毎年難しいです。

血統

血統的にはノーザンダンサー系やサンデーサイレンス系(ディープインパクト)がよく来ていますね。

ミスプロ系は少なめですね。

ハンディ

ハンディは55kgや56kgの馬がおすすめ。

少し前では最大負担重量の馬が連には絡んでいます。重量重くても軽視はできません。

ただ、最大ハンディ馬は頭には来なさそうです。

人気

一番人気はいまいちです。

頭ではあまり来ないようです。2着、3着づけがおすすめ、思いきって馬券圏内から外すもありです。

マイスタイル

今の所、本命候補で有力なのがこの馬。

マイルCSで4着は地力ありと思います。

距離延長がプラスに働くのではないかと思います。

中山の立ち回りが上手い横山典騎手というのもプラスです。

外枠というのがマイナスではありますね。

あとは、ハンディ57.5は負担重量最大。

藤沢厩舎2頭出し

藤沢厩舎はレイエンダとムーンクエイクの2頭をだしてきています。

レイエンダあたり人気になりそうなら、購入もよいでしょう。

他に気になる馬は

血統的にはジャンダルム、ポンセルヴィーソ、プリモシーン、ケイアイノーティック、エメラルファイト、カツジがきになります。

内枠でおすすめはジャンダルム。

エメラルファイトがやや人気薄でおすすめ。

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする