東京新聞杯、複勝的中!

レジまぐにて予想配信しています。

東京新聞杯はクリノガウディーの単複で予想登録してました。

3着で入線で300円の配当が付きました。

的中された方、おめでとうございます。

直線後半では1着もあるかもとう流れでしたが、伸びが足りませんでしたね。

内をついた横山典騎手の好騎乗でしたね。

今日の反省点

展開に不安があるときは複勝はやめるべき。

小倉2Rダート1000mで藤田騎手のプリンセスヨウクを複勝で購入していた。

追い込みで不安に思っていたのですが、速い上がりも持っているし3着に入るかもとおもっていましたが。。

直線入り口では軽く前をカットされて首を横にふり、なかなか抜け出せずにいいとこなし。

こういうレースは無理に複勝をかけるべきではないですね。

少額、連系の馬券を買うのがよいですね。

反省です。

(このレースは配信してません。)

今日の反省点2

小倉9R芝1200m。

勝浦騎手のニシノドレッシーを複勝で購入しようかと散々迷った挙げ句、結局購入。

結果6着。

これも差し馬で展開に不安を感じていました。

勝浦騎手の2020年の芝の3着内率も25%と微妙な感じ。

それでもって、直前に単勝と複勝のオッズが激下がり。

複勝1.8倍が1.4倍まで下がりました。単勝は4.2から3.0くらいまで下がりましたね。

期待値がどんどん下がる中、結局誘惑に負けて購入してしまいました。

レースは、勝負どころで抜け出せず。

開くと待ち構えた進路が開きませんでした。

最後指してきていますが。抜け出すのに手間取った分だけ、馬券圏内には届かずでした。

他の上位馬と脚色が一緒になってましたから。

騎手の腕もちょっと足りなかったでしょうか。

勝浦騎手は好きなのですけどね。

直前まで購入を迷っていたので、オッズが下がってきた時点で、思い切って”見”にするべきでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする