紐荒れをねらえ! 「京成杯オータムハンディ」

今週末日曜の京成杯AHの考察です。

京王杯オータムH

ハンディ重賞ということもあって、いつも予想は難しいです。
毎年悩まされます。

夏競馬を使ってきた馬がほとんどで、秋競馬に向かって始動する馬は少数です。

夏競馬組は疲れが気になるし、休み明けは仕上がりが気になります。

また、サマーマイルシリーズの最終戦にもなります。

コースは中山の1600m。
1コーナーポケットからのスタートで、個人的にはトリッキーなコースのイメージがあります。

過去実績をもとに、オータムハンディの傾向を見ていきたいと思います。

血統は?

このレースの過去実績ですが、
圧倒的に父サンデーサイレンス系が来ています。
とくにディープインパクト産駒とマツリダゴッホ産駒には要チェックですね。

母父は、ノーザンダンサー系がやや有利か。
荒れた2015年は母父ナスルーラ系でワンツーです。大荒れをねらう方はこちらを。

脚質

差しや追い込みが決まることが多いです。
ここ最近は逃げ馬が残ったことがないですね。最後の坂がきついのでしょう。

差し脚のある馬、じっくりと脚をためられる馬を選びましょう。

人気

大体は、1人気か2人気のどちらかが絡む事が多いです。
相手は、人気薄を選ぶのが良いでしょう6~14人気が相手に来ていたりします。
人気馬同士の決着も過去にはありますが、期待値は低いでしょう。
紐荒れを狙うのが良いでしょう。

穴同士の決着は2015年、13人気-11人気-7人気の決着がありますが、これは例外と考えたほうがいいですね。

騎手

差しの上手い騎手、展開のしっかり読める騎手がおすすめです。
実績ある騎手を軸にするのがよいでしょう。
一発屋的な若い騎手はあんまり来ないようです。

結論

サンデーサイレンス系の馬を選びましょう。
サンデーのワンツーもあります。

差せる馬、差せる騎手を軸にしましょう。

最後に、サーマーマイルシリーズも要注意

サマーマイルシリーズの最終戦になります。

サマーマイルシリーズは夏のマイル重賞の結果をポイントにして、ポイント上位馬に褒賞金がもらえます。このレースで、この順位が大きく変わったりする可能性があります。

褒賞金が3000万円。狙ってくる陣営もいるので考慮しておきましょう。

グルーヴィット

中京記念1着でトップ。可能性が一番高いです。(2ポイントの加算が必要)

ロードクエストディメンシオンも着順によってはわずかですが可能性があります。

チェックしておきましょう。


予想配信しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする