京王杯スプリングC、この買い方

安田記念の前哨戦、京王杯スプリングCです。

1400mですが、長い距離も走れる馬が来る印象があります。

昔は強い馬がすんなり勝つレースでしたが、最近は荒れることも多々あります。

今回はタワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ステルヴィオなど有力馬が出てきて楽しみなメンバ構成となっています。

各馬の評価

タワーオブロンドン

昨年のこのレースの勝ち馬。

1番手はこの馬なのですが、連単の頭にするのは注意です。

まず、負担重量58キロはメンバトップ。ライバルのダノンスマッシュとは2キロも負担重量が違います。

また、藤沢厩舎は1番人気の1着率があまり良くないです。

有力ではありますが、取りこぼしはあると思います。

ダノンスマッシュ

1200mのスペシャリスト。

この馬、実力はあるのですが、1400m以上の実績があまり良くありません。

また、東京競馬場での実績もあまりないです。

そういう事もあってかオッズはこの馬にしては高めです。

ただ、騎手がレーン騎手であることはプラス評価です。

すんなり勝ってしまうこともあるかもしれません。オッズは高めなので期待値的には悪くはないです。

ステルヴィオ

負担重量57kgとタワーオブロンドンより軽いのは魅力です。

マイル以上も実績があるので、安定感はありそうです。

グルーヴィット

実績以上に、オッズが低いです。陣営は狙ってきているのかもしれません。

デムーロ騎手はNHKマイル勝って調子に乗ってそうです。

レッドアンシェル

1400m~1800mと長い距離を使っている点は評価できます。

人気が少しないくらいでおすすめの福永騎手というのも、いい意味で怖い存在です。

セイウンコウセイ

1200mまででしか実績がありません。

ライラックカラー

藤沢厩舎の2頭出しの1頭。そういう意味では、穴で来る可能性はあります。

狙い方は?

タワーオブロンドンを外した単勝の多点買いがおすすめです。

3連単にするかたは、タワーオブロンドンの2着3着にするのが良いと思います。

思い切って馬券圏内からタワーオブロンドンをはずすのも良いと思います。

過去に1番人気がべ健に絡まなかったレースは何度もあります。

今週は、霧で美浦の調教タイムがわからないのも評価が難しいです。

クリックお願いします↓

オッズ理論ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする