芝の重馬場で狙ってみたいこの血統

先週は台風の影響もあって、京都と東京は水を含んだ、不良、重、やや重のレースが多かったです。

レースの結果を見ていて思ったことをまとめて記事にします。

今後のレース予想の参考になればと思います。

台風19号、芝の重馬場でキズナ産駒が来た!

目を引いたのはキズナ産駒。

今年から産駒が走り出していますが、12日、13日の2歳戦で好成績を出しました。

キズナの父はディープインパクトです。

母父はストームキャット。シーキングザダイヤというダートの一流馬を排出した種牡馬です。

ここに重馬場適性をもっているのかもしれません。

キズナの成績を馬場別で見ると、

良 勝率11%

やや重 勝率17.9%

重 勝率13.3%

不良  勝率16.7%

と良馬場に比べて湿った馬場で成績が良くなっています。

重でも走るロードカナロア産駒

ロードカナロア産駒もこの12日、13日と芝で好成績を出しています。

良 連対率23%

やや重 連対率27%

重 連対率25%

不良  連対率27%

良いでも走るし、重や不良でも走る万能の能力を表すデーターが出ています。

まさに、ロードカナロアのお祖父さんのキングマンボの血という感じですね。

ルーラーシップ産駒

ルーラーシップもロードカナロアと同じくキングマンボの血を引くキングカメハメハ産駒。

ロードカナロア産駒同様、良でも走るし、渋った馬場でも走ります。

良: 勝率8% 、3着内率27%

やや重: 勝率12%、3着内率27%

重: 勝率10%、3着内率31%

不良:  勝率22%、3着内率44%

良馬場で勝ちきれない分、不良ではびっくりするぐらいの成績になります。

バゴ産駒

稍重の秋華賞をかったクロノジェネシスの父はバゴでした。

14日の大原ステークスでバゴ産駒のバイオレントブローが稍重で二着に来ています。

11番人気で高配当を演出しました。

良: 勝率2.6% 、3着内率13.2%

やや重: 勝率25%、3着内率37.5%

重馬場と不良はデータが少ないため省きます。

稍重の成績が格段に良くなります。

秋華賞のときにこのデータを持っていれば、厚く買えたかもしれません。

ちなみに秋華賞3着のシベルピンクダイヤはダイワメジャー産駒

ダイワメジャー産駒は良でよく走りますが、稍重、重でさらに成績がアップする種牡馬でした。

まとめ

キングマンボ系のロードカナロアルーラーシップ

新種牡馬のキズナ

秋華賞を勝ったバゴ産駒

このあたりを、雨が降ったときはチェックしてみたはどうでしょうか。

ちなみに、ロベルト系やハーピンジャー産駒も渋った馬場でチェックすると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする